自律型ロボットによる国際的なロボットプログラミングコンテスト (ロボコン)

WRO Japan 群馬地区予選大会公式サイト|小中学生のロボットプログラミングコンテスト (ロボコン)

WROルール

WRO Japan 群馬予選大会2022

2022/6/9

RoboMission2022(ビギナー競技、チャレンジミドル競技、エキスパート競技、ミドル競技)共通ルール

■共通ルール 1. WRO 2022 Japan 群馬県予選大会の競技ルールは WRO 決勝大会のルールを参考に、WRO Japan 群馬大会実行委員会によって設定され,期間中のみ適用される。 2. WRO 2022 Japan 群馬県予選大会は、小中校生によって製作制御される自律型ロボットの競技会である。参加しやすい競技会とするため,ロボットおよびプログラム作成ソフトウェアは市販キットを利用する。競技は、WRO Japan 群馬大会実行委員会および運営ボランティア等から構成される競技委員(審判,審査員を ...

course_middle2022

2022/6/9

RoboMissionミドル2022(エレメンタリー,ジュニア)の競技ルール

1.はじめに WRO JAPAN ミドル競技は、WRO RoboMissionのエキスパート競技につなぐ競技であり、ロボットを作るために大事な基本技術(ラインの検知、ライントレース、色の判断、オブジェクトの運搬など)を取り入れ、ロボット製作の中級者を対象とした競技になっています。小学生、中学生が、同じフィールドでロボットの製作やプログラム制御の基礎技術を確認する内容になっています。 2.競技フィールド 競技フィールドは,外寸900×1800mmのサイズで製作する.コースの周りには壁はない。 WRO Jap ...

WRO Japan 2022 群馬予選大会ビギナー フィールド

2022/6/9

RoboMissionビギナー2022(エレメンタリー)の競技ルール

1.はじめに WRO JAPAN ビギナー競技は,WRO RoboMissionのチャレンジミドル競技につなぐ競技であり、群馬大会限定競技となっています。ロボットを作るために大事な基本技術(前に進む、曲がる)を取り入れ,ロボット製作の初級者(小学3年生以下)を対象とした競技になっています。 2.競技フィールド WRO Japan 2022 群馬予選大会ビギナー フィールド 競技フィールドは、外寸 900×1800mm の白地の合板で製作する。 競技フィールドの内壁は,高さ 100mm,厚さ 10mm であ ...

図 3 WRO Japan 2021 群馬大会チャレンジミドル フィールド

2022/7/22

RoboMissionチャレンジミドル2022(エレメンタリー、ジュニア)の競技ルール

1.はじめに チャレンジミドル競技は,WRO レギュラーカテゴリーのミドル競技につなぐ競技であり、群馬大会限定競技となっています。ロボットを作るために大事な基本技術(ライントレース,色の判断,つかむ機能など)を取り入れ,ロボット製作の初級者(3年生以上)を対象とした競技になっています。小学生,中学生,高校生が,同じフィールドでロボットの製作やプログラム制御の基礎技術を確認する内容になっています。 2.競技フィールド ① 競技フィールドは、外寸 900×1800mm の白地の合板で製作する。 ② 競技フィー ...

WRO2022 ROBO MISSION ジュニア(中学生)コース

2022/6/9

RoboMissionエキスパート2022(ジュニア)のルール

レギュラーカテゴリー(エキスパート2022)のルールは、国際大会のルールに準じます。 WRO Japan 群馬大会実行委員会は国際的に活躍できる人材の育成を目的の一つと捉えています。 そこで、わたしたちはチームの皆様が英語で公開された公式ルールの理解に取り組むことを促すため、公式翻訳の作成を控えています。ルールは日本語化して公開する予定はありません。国際大会で公開される英語のルールを利用します。 ルールおよび、ゲームフィールドにつきましては、下記PDFをご使用ください。  >> RoboMissionエキ ...

芝生は緑の×印,雑草は赤の×印

2022/6/9

RoboMissionエキスパート2022(エレメンタリー)のルール

エレメンタリー部門 競技ルールと基本ルール RoboMissionエキスパートエレメンタリーのルールは、国際大会のルールに準じます。 「ガーデニングロボット」 1.はじめに 家庭や日常生活の中で、ロボットの応用は数多くあります。その一例が、庭でさまざまな作業を行うロボットです。プールを掃除したり、植物の種をまいたり、花に水をやったりするロボットがあります。 エレメンタリー部門の競技フィールドでは、ロボットが草刈りや雑草の回収をします。同時に、ロボットの通り道にいるてんとう虫に気を配り、安全な場所に連れて行 ...

2021/6/16

レギュラーカテゴリー2021(チャレンジミドル競技、エキスパート競技、ミドル競技)共通ルール

■共通ルール 1. WRO 2021 Japan 群馬県予選大会の競技ルールは WRO 決勝大会のルールを参考に、WRO Japan 群馬大会実行委員会によって設定され,期間中のみ適用される。 2. WRO 2021 Japan 群馬県予選大会は、小中校生によって製作制御される自律型ロボットの競技会である。参加しやすい競技会とするため,ロボットおよびプログラム作成ソフトウェアは市販キットを利用する。競技は、WRO Japan 群馬大会実行委員会および運営ボランティア等から構成される競技委員(審判,審査員を ...

図1 WRO Japan 2018 ミドル フィールド(カラータイルは例)

2021/6/19

レギュラーカテゴリー ミドル2021(エレメンタリー,ジュニア)の競技ルール

1.はじめに WRO JAPAN ミドル競技は、WRO レギュラーカテゴリのエキスパート競技につなぐ競技であり、ロボットを作るために大事な基本技術(ラインの検知、ライントレース、色の判断、オブジェクトの運搬など)を取り入れ、ロボット製作の中級者を対象とした競技になっています。小学生、中学生、高校生が、同じフィールドでロボットの製作やプログラム制御の基礎技術を確認する内容になっています。 2.競技フィールド 競技フィールドは,外寸900×1800mmのサイズで製作する.コースの周りには壁はない。 WRO J ...

図 3 WRO Japan 2021 群馬大会チャレンジミドル フィールド

2021/6/19

レギュラーカテゴリー チャレンジミドル2021(エレメンタリー)の競技ルール

1.はじめに チャレンジミドル競技は,WRO レギュラーカテゴリーのミドル競技につなぐ競技であり、群馬大会限定競技となっています。ロボットを作るために大事な基本技術(ライントレース,色の判断,つかむ機能など)を取り入れ,ロボット製作の初級者(3年生以上)を対象とした競技になっています。小学生,中学生,高校生が,同じフィールドでロボットの製作やプログラム制御の基礎技術を確認する内容になっています。 2.競技フィールド ① 競技フィールドは、外寸 900×1800mm の白地の合板で製作する。 ② 競技フィー ...

WRO Japan 2019 群馬大会ビギナー フィールド

2019/5/24

レギュラーカテゴリーエレメンタリー(ビギナー2019)の競技ルール

1.はじめに WRO JAPAN ビギナー競技は,WRO レギュラーカテゴリーのチャレンジミドル競技につなぐ競技であり、群馬大会限定競技となっています。ロボットを作るために大事な基本技術(前に進む、曲がる)を取り入れ,ロボット製作の初級者(小学3年生以下)を対象とした競技になっています。 2.競技フィールド WRO Japan 2019 群馬大会ビギナー フィールド 競技フィールドは、外寸 900×1800mm の白地の合板で製作する。 競技フィールドの外枠、および、コート内壁は,高さ 100mm,厚さ ...

Copyright© WRO Japan 群馬地区予選大会公式サイト|小中学生のロボットプログラミングコンテスト (ロボコン) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.