自律型ロボットによる国際的なロボットプログラミングコンテスト (ロボコン)

WRO Japan 群馬地区予選大会公式サイト|小中学生のロボットプログラミングコンテスト (ロボコン)

info

2017/8/14

第1回WRO Japan 群馬大会 2017 無事終了いたしました。

2017年8月13日、第1回WRO Japan 群馬大会 2017は、大盛況のうちに無事終了いたしました。参加いただきました皆様、見学に来ていただいた皆様、また後援いただきました群馬テレビ、上毛新聞社の皆様、本当にありがとうございました。 第1回目ということもあり、なかなか上手くいかない面もあった中での反省を活かしつつ、来年はもっと大きな規模、中学生部門、高校生部門、さらにミドル競技の上のエキスパート部門も開催したいと考えております。 今後もロボットプログラミングで、群馬から全国、さらには世界へ挑戦できる ...

gunma-tv2017

2019/1/23

群馬テレビで放送されました。

WRO Japan 群馬大会2017 (ロボコン)の模様が群馬テレビで放送されました。

20170813 WRO群馬大会_170814_0169

2019/1/23

群馬大会2017概要

WRO Japan 公式予選会 群馬地区大会について 本大会は群馬地区初開催となる、WRO Japan全国大会に向けた公式予選会です。初開催となる2017年大会は、小学生を対象としたミドル部門に限定しWRO Japan全国大会に準じたルールで開催、当日発表のサプライズルールを追加し実施します。群馬県を中心とした小学生が参加し、2017年9月17日(日)にBumB東京スポーツ文化館で開催されるWRO Japan決勝大会を目指します。次年度以降は中学生部門やエキスパート部門の開催も検討しております。 競技部門 ...

2017/6/16

WRO JAPAN 2017 (全国大会)ミドル競技ルール

WRO JAPAN ミドル競技は,WRO レギュラーカテゴリのエキスパート競技につなぐ競技でありロボットを作るために大事な基本技術(ライントレース,色の判断,つかむ機能など)を取り入れ,ロボット製作の初級者を対象とした競技になっています。小学生,中学生,高校生が,同じフィールドでロボットの製作やプログラム制御の基礎技術を確認する内容になっています。 競技フィールド 1.競技フィールドは,外寸 900×1800mm の白地の合板で製作する。 2. 競技フィールド内の黒ラインは,中川ケミカル製カッティングシー ...

2017/7/18

メディア掲載実績

サンケイビズに掲載されました。 サンケイビズ http://www.sankeibiz.jp/business/news/170718/prl1707181602151-n1.htm

2017/6/16

競技会内容

レギュラーカテゴリー(小中高生対象) 部門毎に、事前に発表されたルールにのっとり、課題をクリアしたポイントと完了までの時間により順位を決定します。 優秀チームを表彰 ※群馬県予選では、小学生ミドル部門のみ開催いたします。 チーム制 コーチ1人(20歳以上の大人)、選手(児童・生徒)2~3人でチームを作り参加します。 プログラム開発による自律型ロボットを使用 リモコン操作ではなく、ロボット製作とプログラム開発のトータル技術で競う自律型(※1)ロボットコンテストです。ロボットを組立て、その動きを制御するプログ ...

Copyright© WRO Japan 群馬地区予選大会公式サイト|小中学生のロボットプログラミングコンテスト (ロボコン) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.